引っ越し費用を安くする方法!荷物を少なくしよう

引っ越し先で不用となる大型の物をチェック

引っ越し先で不用となる大型の物をチェックf

引っ越しの荷物を減らすには、引っ越し先で不用となる物を早めにチェックしていくことが大事です。

 

特に大型の物は、包装の手間や時間がかかるので、引っ越し費用が余分にかかる場合もあります。

 

不要だと思った家具などは、早めにリサイクルで売るか、処分する方法を考えましょう。例え値段にならなくても、無料で引き取ってくれる場合もあるので、リサイクル屋さんと交渉してみましょう。

 

処分する場合は、粗大ごみとして地方自治体に申込み、引き取ってもらう必要があります。ただ自治体に引き取ってもらうと意外と費用がかかるので、引っ越し会社に不用品の引き取りを相談してみましょう。
引っ越し会社によっては、買い取りや無料引き取り・有料引取りなどのサービスがあります。その場合は、家具等を自治体で処分した場合の引っ越し費用と、引っ越し先で引き取ってもらう場合とどっちがお得か、しっかりと比較して下さいね。

 

 

自分で運べる物を探してみる

自分で運べる物を探してみるg

引っ越しのどさくさに紛れて紛失してしまわないように、大事な物とかは自分たちで運んでしまう・・・と言うのも、引っ越しの荷物を減らす方法の一つです。

 

重要な書類やノートパソコンなどの小型の物は、引っ越し会社の方に頼まず、自分たちの車で運んでしまうのです。

 

私は、子供の学校用品なども自分たちで運びました。慎重に運べば、意外とこの方が楽だったりします。引っ越ししてすぐに使うもの(化粧品や掃除道具など)も、量的に多くなければ自分たちで運んでしまうのも便利です。

 

ただし、テレビなどの大型精密機器などは、個人で運ぶのが危険なのでおススメしません。本職さんに任せた方が安心です。

 

引越し費用はもっと安くなる!引越しの無料一括見積もりで料金を徹底比較

 

 

引っ越しの荷物を更に減らすコツ

 

≪タンスの肥やしになっている服≫

何時か着るだろうと思っていた服など、タンスの中に眠っていませんか?多分かなりの確率で、眠っていると思います。引っ越ししてからゆっくり・・・などと考えずに、この引っ越しがタンス整理の機会と思って、使わない服や合わなくなった服などは整理してみましょう。古着屋さんなどで買い取ってもらえば、思わぬ収入になるかもしれません。

 

≪いらなくなった子供のおもちゃ≫

年齢的に遊ばなくなったおもちゃなど、眠っていませんか?思い出として残しておきたい物もあるでしょうが、子供と相談しながら遊ぶ物と遊ばない物と整理してみましょう。もちろん子供のおもちゃとかも、リサイクルショップなどで売れます。人気のあるモノとかは、結構いい値で引き取ってくれますよ。

 

≪読まなくなった本≫

読まなくなった本があれば、必ず引っ越し前に古本屋さんで買い取ってもらいましょう。本は意外とかさばるので、段ボールを使う量が多かったりします。ですから、この量を減らすだけでも、引っ越しの荷物が減って費用も安くなると思います。

 

≪お客さん布団などが沢山ある場合≫

家族やお客様が多い場合は、どうしても布団類が多いと思います。布団は重くて大きいので、かなりかさばります。普段使わない物は、出来るだけ圧縮袋などを使ってコンパクトにまとめてしまいましょう。これだけでも荷物の量がかなり減ります。

 

≪使わない引き出物類≫

結婚式などで貰った引き出物など、使わない物が押し入れの中で眠っていませんか?引っ越しを機会に一度整理してみましょう。使いそうな食器類なら、今使っている古い食器と交換し、古い方を処分するのもいいと思います。今後使う機会がないと思う物は、リサイクルショップ、またはオークションなどで売ってみましょう。

 

 

 

リンク1
  

wp

【I2I】