初めが肝心!引っ越しの挨拶とマナー情報

気持ちの良い新生活のための引っ越しマナー

 

 

引っ越し費用はもっと安くなる!引っ越しの無料一括見積もりで料金を徹底比較

 

 

 

引っ越しの挨拶(旧居):引っ越し日が決まったら、旧居での引っ越しの挨拶をして回りましょう。1軒屋の場合は、向こう三軒両隣が基本です。自治会などがある場合は、自治会の役員さんにも連絡をしておきましょう。マンションやアパートの場合は、両隣と上下階の人が基本です。管理人さんがいる場合は、その方にも挨拶をしておきましょう。
挨拶の時に、感謝の気持ちとして、ちょっとした手土産を渡してもいいです。引っ越し当日は、作業などで何かと迷惑をかけてしまうことが多いので、必ず挨拶をしておきましょう。

 

引っ越しの挨拶(新居):引っ越しが終わったら、ご近所さんへの挨拶をして回りましょう。1軒屋の場合は、向こう三軒両隣が基本です。マンションやアパートの場合は、両隣と上下階の人と管理人さんや大家さんが基本です。
挨拶の時の手土産は、一般的に500円から1000円程度の物で、タオルや石鹸・洗剤などの日用品が多いです。お菓子やお茶などでもいいですね。大家さんや管理人さんには、少し高めの物を渡す場合が多いです。
熨斗は紅白の蝶結びで、表書はご挨拶が基本です。

 

引っ越し会社の作業員さんへの心づけ(お礼):心づけ(お礼)は、当日までに用意しておきましょう。一人当たり1000円ぐらいが相場です。一人以上の場合でも、一つの祝儀袋にまとめて入れることが多いです。
引っ越し作業がお昼をまたぐときは、昼食代として少し多めに渡すこともあります。私は3人の作業員さんに、昼食代と心づけとして5000円を渡しました。渡すタイミングは、休憩や昼食に入る時などが多いです。

 

引っ越しのお礼:引っ越しの日にお手伝いしてくれた方や、引っ越し祝いをくれた方には、必ずお礼の品を贈るようにしましょう。

 

 

 

リンク1
  

wp

【I2I】